2008年05月31日

記憶喪失

仕事を終わって、ゆっくりしようと思い

テレビをつけたら記憶喪失の男性が映っていた。

北海道江別市で草むらに倒れていたという。

自分の名前、年齢、家族、住んでいた場所などは

まったく思い出せないようだ。

「記憶喪失」をフリー百科事典「ウィキペィア」で

調べてみた。

記憶喪失から健忘という言葉に転送された。

この方は「全生活史健忘」といわれるもので、

発症以前の生まれてからすべての自分に関する記憶が

思い出せなくて、一般的には記憶喪失と呼ばれている

ものである。

自分に関する記憶はまったくわからないが、

社会的なエピソードは覚えているという。

そういえば、この方も前の総理大臣の名前を言っていた。

また、パソコンの操作とかマージャンとかも

覚えているようだ。

気がついたら草むらに倒れていたというのも何か不思議である。

テレビで「知ってる方はいませんか」と呼びかけていた。

本人もさぞかし不安なことだろう。

今までは記憶喪失なんてテレビの世界のことだと思っていたが、

本当にそんなことがあるのだ。

自分の身に置き換えてみた。

ある日突然、生活していた場所とは異なるところで

身の回りのものは何もなく

自分の名前や年齢、家族、どんな仕事をしていたのかを

わからなくなったらどうなるのだろう。

その日から何をしていいのかがわからなくなる。

とりあえず近くの交番にいって

自分の捜索願いが出ていないか聞いてみるとか、

この方のように機会があれば

テレビで訴えることしか思いつかない。

その日からの生活にも困ることになる。

実際に記憶をなくしたこの方の身元が

はやく判明することを願うばかりである。











ラベル:記憶喪失
posted by うえぴー at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

指名手配男逮捕

大阪で少年2人に切り付けたあと、

京都で女性を刺して全国に指名手配されていた男が

今日逮捕された。

大阪で今月14日に風呂場の水漏れが原因で階下の人と

トラブルとなり15歳の少年に切り付け、

21日には京都で45歳の女性を刺して現金12万円を奪い、

27日に東京新宿の花園神社あたりに現れていた。

どこへ逃げたかと思ったら埼玉の上尾市だった。

今日の夜中、パトロール中の警察官が自転車に乗っていた男に

職務質問したところ本人であることを認めたそうである。

自転車の前かごには包丁が2本あったという。

人が多いところに移動し逃走しようと考えていたようだ。

逮捕されたときには、

ほとんどお金をもっていなかったそうだから、

もうすこし遅ければ第3の犯行が起きたかもしれない。

次の被害者が出ないうちに逮捕されてよかったと

いうべきだろう。

風呂場の水漏れというちょっとしたトラブルで

頭にきたから刃物で切り付けるというのは

どう考えても異常な行動だろう。

最近は、あまりにも感情のままに行動し

事件を起こすケースが多くなった。

人間は感情をコントロールする能力を

失ったのだろうか。





ラベル:指名手配
posted by うえぴー at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

ブログに323回書き込み

千葉の女性のブログに岩手の男が323回書き込みをして、

ストーカー規正法違反容疑で逮捕された。

この男はイベントで女性と知り合ってから、

女性のブログに「会いたい」とか「連絡ください」

という書き込みをして女性に不安を与えたという。

女性が被害届を出したため

警察からストーカー規正法にもとづく警告を受けたが

続けていたようだ。

法律では、相手が嫌がっている場合

つきまといや面会・交際の要求を同じ人に

繰り返し行えばストーカー行為になる。

この行為はどんどんエスカレートする可能性があるので、

被害者に危害が及ばないようにするのが目的だ。

この間の裁判官にしても、このケースにしても

同じような事件が続いている。

どちらにしても女性の生命・身体に

危険が及ばないうちに逮捕されて

よかったのかもしれない。









posted by うえぴー at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

船場吉兆廃業

牛肉の産地偽装や客の食べ残した料理の使い回しなど

で世間を騒がした船場吉兆が廃業するという記者会見

をテレビで見た。

5月2日の料理の使い回し発覚で予約のキャンセルが

相次ぎ売上は3分の1になったそうである。

相変わらず下を向いたままの記者会見であった。

食の安全を脅かし、客の信頼を裏切った結果、

1930年の創業から続いた老舗は閉じることになった。

会見では「のれんにあぐらをかいた」と言っていた。

何年もかかって信用を作っても、お客を裏切れば

その信用も1日で失うということがよくわかった。

儲かるなら何をしてもいいという考え方が

廃業に追い込まれる結果となった。

料理店として、やってはいけないことをしたのだから

廃業もしかたがない。

そんなに世の中あまくないということだろう。

ラベル:船場吉兆廃業
posted by うえぴー at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

ロコ・ロンドン取引

国民生活センターのホームページには、

ロコ・ロンドン取引に関する相談が

多くなったという記事が載っていた。

ロコ・ロンドン取引とは、

海外市場の貴金属の現物取引価格を基準として

証拠金取引をおこなう投資商品で、一般消費者が

勧誘されている商法を総称するものである。

相談件数は、2006年度263件、2007年度946件

で前年度の3.6倍となっている。

契約した人の年齢は60歳以上の者が70パーセントを

占めると言う。

この商法の問題点は、どんな業者も参入できること、

取引の仕組みがわかりにくいこと、リスクが高いこと等が

挙げられている。

トラブル防止のために、勧誘されても興味がないと言って、

はっきり断ること、契約を迫られてもその場では契約しないことや

署名・押印に応じないこと、入金を迫られても絶対にその日に

お金を預けないこと、それでも強要されたら110番すること

をアドバイスしている。

昨日もロコ・ロンドン取引で摘発された福岡の会社があったが、

同じような会社が増えていることはよくわかる。

電話帳で見たのかわからないが、

何度断っても毎日のように非通知電話がかかってくる。

一度は営業が飛び込みで来た。

当然ドアを開けないでインターホンで断ったが、

とにかくしつこい。

仕事にも影響することがある。

早急に法律による規制の強化を求めたい。




posted by うえぴー at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

川田亜子アナ自殺

非常にショックな出来事が起きた。

港区海岸の路上に止まっていた乗用車の中で、

フリーアナウンサーの川田亜子さんが死亡していた

のが見つかったというテレビのニュースを見た。

川田さんが所属している芸能事務所の車のなかで

窓に目張りされ、後部座席に練炭が置かれていたことと、

遺書があったことから死因は自殺のようだ。

川田さんは元TBSアナウンサーであったが、

昨年4月にフリーアナウンサーとなった。

美人で才能のある人気アナウンサーだった。

一体何があったのだろうか。

最近体調不良を訴えていたようだが、

仕事は普段と同じようにこなしていたという。

人には言えない悩みがあったのだろうが、

死ぬしか方法はなかったのだろうか。

残念でならない。





ラベル:川田亜子アナ
posted by うえぴー at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

フリーダイヤルに500回電話

食品会社のフリーダイヤルに500回電話をした男が

逮捕されたという記事を見た。

記事によると、男は2005年7月から2006年11月まで

群馬県の食品会社に約500回電話し、

通話料400万円の損害を与えたようだ。

女性の声で録音されたガイダンスを聞きたかったという。

食品会社の通販専用ダイヤルがまったく通じなくなったから

偽計業務妨害容疑ということである。

全部で3100時間も聞いたというから、

随分暇な男に違いない。

自分で通話料を払ったとしても迷惑な行為であるが、

お客様への負担をなくすという意味でのフリーダイヤルを

悪用されてはたまらない。

最近、常識では考えられない事件が多い。

先日逮捕された裁判官も無言電話をかけていたことが

後から報道されたが、動機がよくわからない。

暇があるから余計なことを考える。

そんな時間があるのだったら、

もっと仕事をすればいい。

生活に余裕があるのだったら、

地域のボランティアに参加すればいい。

自己啓発をすればいい。

やることはいくらでもあるはずだ。










posted by うえぴー at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

職場でのいじめ

厚生労働省が平成19年度個別労働紛争解決制度施行状況を

発表した。

平成13年10月の施行から7年目、

民事上の個別労働紛争相談件数は197,637件となり

昨年の187,387件と比べ5.5パーセントアップして

過去最高となっている。

民事上の個別労働紛争に係る相談内容の内訳で主なものは、

解雇22.8パーセント、労働条件の引き下げ12.5パーセント、

いじめ・嫌がらせ12.5パーセント、退職勧奨7.7パーセント、

出向・配置転換が3.6パーセントとなっている。

特にいじめは前年度と比べ27パーセント増えているようだ。

いじめ・嫌がらせの例として、

顧客からクレームがあった際、上司から人格的価値、社会的価値、

名誉を害する発言を受け、会社に職場環境の改善を求めたが

聞き入れられず、精神的に追いつめられ、退職になったとして

精神的苦痛、経済的損害に対する補償を求めた元社員を挙げていた。

このケースは元社員も会社に戻る気はないらしく、

解決金を支払うことで合意したようだ。

当事者でないからわからないが、

元社員の上司にしても成績が悪ければ

自分も退職するようになってしまうため

必死だったのかもしれない。

ただ、職場でのいじめにより退職に追い込むという

やり方は間違っている。

もうすこし他の方法があったのではなかろうか。








posted by うえぴー at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

看護師不足

インドネシア人の看護師や介護士の受け入れ説明会に

病院と介護施設の関係者が殺到したとの記事があった。

病院や介護施設での看護師・介護士不足が背景にあるようだ。

参加者は、受け入れの条件や今後の日程、研修の内容、

費用等の説明を受けたようである。

5月16日に国会で承認されたが、応募の締め切りは

6月1日になる。

病院にしても介護施設にしても、1人でも確保したい気持ちは

わかるが準備不足は否めない。

本当にいい人材を採用することができるのか疑問である。

医療や福祉などにたずさわる人を選ぶには

慎重にするべきである。

病院の外国人看護師、施設の外国人介護士の

比率が高くなったらどうなるのだろうか。

組織が正常に機能するのであろうか。

トラブルが多くなるのではないか。

そんな気がしてならない。
posted by うえぴー at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

ストーカー裁判官

ストーカー規正法違反の疑いで

宇都宮地方裁判所の裁判官が逮捕されたという

ニュースをテレビで見た。

この裁判官は2月19日から1ヶ月の間、

好意を持っていた裁判所職員の20代の女性の携帯電話に、

匿名のメールを10数回送ったというものである。

女性から何かわからないメールがくると

警察に届け出があったため

わかったそうである。

逮捕された裁判官は身分をかくすため

インターネットカフェからフリーメールを使って

送っているので確信犯ともいえる。

何を考えているのだろう。

裁判官には懲戒免職はないそうなのでどうなるかは

わからないが、とんでもない裁判官である。

裁判官の品位を著しく損ねたことには間違いない。

人を裁いてきた裁判官が自ら裁かれる立場になるとは

何とも皮肉なことである。




posted by うえぴー at 21:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

AEDで阪大生助かる

大阪大学のグラウンドでフットサルサークルをしていた

学生が練習中に胸にボールを受け心停止になったが、

救急隊の指示によるサークル仲間の応急処置とAED

が命を救ったという記事が時事通信に載っていた。

大阪大学1年生がグラウンドで練習中、キーパーの

投げたボールを胸で受けたあとその場に倒れた。

119番のあと緊急隊に指示されるとおり、

心臓マッサージの応急処置をしているなか、

同大学の看護師がAEDを使ったところ、

心臓の鼓動が再び始まったようだ。

AEDをフリー百科事典「ウィキペディア」で

調べてみた。

自動体外式除細動器AEDは、

心臓の心室細動の際に電気ショックを与え、心臓の働きを

戻すことを試みる医療機器である。

使い方は、電源を入れ、電極パッドを胸に貼り付けると

心電図を解析して電気ショックを与えるかを調べる。

電気ショックが必要と解析した場合には、機械の指示に従って

スイッチを押すと電気ショックを与えるという。

操作は簡単だといわれるが、心停止時間が3分を超えると

命にかかわるので、あせらないでやることは

通常できるものではない。

そんななかで学生仲間の応急処置と看護師のAEDでの

対応がすばらしい。

いつ、このような状況になるかわからないので

少なくとも一度は講習を受けておくべきかもしれない。










ラベル:AED
posted by うえぴー at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

魚きん刺し身使い回し

鮮魚販売の魚きん秋田店が

消費期限の切れている刺し身を

使いまわして販売していたことがわかった。

テレビのニュースによると、

秋田西武地階にある魚きん秋田店で

昨年の10月ころから売れ残った刺し身を

一旦冷蔵庫に保管し、

タイやヒラメなどの白身の刺し身を

翌日刺し身の盛り合わせとして

販売していたという。

その会社の部長が

秋田店の店長が勝手に行ったことだと

インタビューに応じていた。

テレビを見ている側としては、

他の支店でもあるのではないかと疑いたくなる。

鮮魚販売会社としてやってはいけないことを

やってしまった。

売上をあげるためにやったようだが、

船場吉兆があれだけ騒がれたのに

見ていなかったのだろうか。

食品の偽装表示や不正表示、食の使い回しをしていた

ことが相次いでわかっている。

これでは賞味期限や消費期限が信用できなくなる。

会社のモラルが低下しているなかで

このような問題をなくすには

食品衛生法に基づく調査を強化することしか

方法がないのかもしれない。





ラベル:魚きん
posted by うえぴー at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

ボクシング張飛選手死亡

プロボクシングでTKO負けした張飛選手が死亡した。

5月3日のプロボクシング6回戦の試合終了後に病院に搬送され、

急性硬膜下血腫と診断されていた。

急性硬膜下血腫をフリー百科事典「ウィキペディア」で

調べてみた。

くも膜下腔にある架橋静脈の破綻や静脈洞の破綻によって

硬膜とクモ膜の間に生じた静脈性の出血のことと

記述されている。

治療としては、緊急に開頭し、血腫除去を行う。

張飛選手も開頭し、手術を受けていたが

助からなかったようだ。

まだ22歳だったというから若すぎる死である。

あらためてボクシングの危険さが

認識させられた事故でもある。

張飛選手の冥福を祈る。





ラベル:張飛選手
posted by うえぴー at 21:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

携帯電話の水濡れ

日経生活モニターで「なくて困るのはパソコンか、携帯電話か」

調査をしたところ59対41でパソコンがないほうが困るという回答

だったらしいが、これだけ生活や仕事に使われている以上、

どちらもなくては困る。

その携帯電話に関しての苦情相談が国民生活センターに

きているようだ。

少しの水濡れで使えなくなるという相談である。

国民生活センターのホームページには

「携帯電話の水濡れによる不具合」ということで最近5年間で

苦情相談が1013件寄せられていることとその内容も一部載っている。

そのなかには水濡れによる錆であるため有償修理になるといわれた

が納得がいかないとか、水濡れ判定シールが水濡れ状態を示して

いないのに水濡れによる腐食といわれ補償されないなどの相談が

きているという。

また、雨のなかで繰り返し使用したり、濡れた手で操作したり、

周囲が高温多湿であったりすると、ディスプレイが消え

使用不能となるらしい。

時々、雨の日の歩いているときに電話がかかってくることがある。

かかってくれば傘をさしていようが電話に出る。

電話が終わったあと携帯電話がぬれていることがあった。

いまのところ問題がないようだが、突然使用不能となっても

困るので、今後取扱いに気をつけようと思っている。

それとも防水の携帯電話もでているようだから、今の携帯電話が

使用不能になる前に新機種にかえたほうがいいのかもしれない。














ラベル:携帯電話
posted by うえぴー at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

鎌倉

ひさしぶりに鎌倉にいく。

古寺めぐりである。

前回は北鎌倉からまわったので

今日は鎌倉駅からまわることにした。

朝9時に出て鎌倉駅には10時30分ころ着いた。

大巧寺から八雲神社へまわり、安養院でフジの巨木を見て、

フジの巨木

安国論寺の藤棚でひと休みした。

妙法寺でコケの石段を写真にとり、

コケの石段

東勝寺橋をわたり、

東勝寺橋

宝戒寺から鶴岡八幡宮へ出る。

鶴岡八幡宮近くのそば店で昼食をして、ひと休みした後

江ノ電にのる。

極楽寺でおりて、

極楽寺

稲村ヶ崎まで歩く。

少し海をみながらのんびりする。

海岸

駅にもどり藤沢経由で東京までもどってきた。

ほんの5時間くらいであるが、

なにか気分がすっきりしている。

仕事ばかりに追われるのではなく、

たまには気分転換も必要だ。

今回は季節的に少しはやかったので

アジサイの花を見ることができなかったこと

が少し残念であった。

定期的にいくことは無理ではあるが、

たまにはこころの癒しをもとめて

古寺をまわることもいいのかもしれない。






















ラベル:鎌倉
posted by うえぴー at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

送りつけ商法

高齢者をねらった送りつけ商法で

被害が増えているようだ。

高齢者宅に電話をして購入をすすめたあと、

代金引換に冷凍宅配便でカニを送り金を請求する

いう悪質商法である。

国民生活センターのホームページを見てみると、

高齢者を狙った悪質商法は家庭への訪問販売、

電話勧誘、次々販売、販売目的隠匿、SF商法、

点検商法、無料商法、当選商法、送りつけ商法、

薬効をうたった勧誘となっている。

送りつけ商法は9番目にランクされている。

商品が送られると、受け取った以上支払わなくては

ならないという勘違いを利用している。

一番多いのは家庭への訪問販売である。

最近では大手家電販売店の制服とそっくりな

作業着をきてテレビの映りを調査に来たと

訪れ地上デジタル放送対応テレビのチャンネル設定

工事と称し工事代をだましとるという手口もあるようだ。

健康に不安をもつ高齢者や孤独な高齢者を狙った悪質商法は

跡をたたない。

なかには年金だけで生活している高齢者も多くいる。

そんな高齢者をねらって悪質な商売をすることに

良心の呵責を感じないのだろうか。






ラベル:送りつけ商法
posted by うえぴー at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

外国人看護師

日本で看護師、介護福祉士を目指すインドネシア人が来日する。

インドネシアとの経済連携協定では、看護師400人、

介護福祉士600人の合わせて1000人が

2年間で来ることになる。

入国にはインドネシアでのさまざまな資格・実務経験

をクリアーしていることが条件となっている。

日本語研修、看護・介護導入研修、

病院や介護施設での看護助手やヘルパー

としての研修を経てたあと日本の国家試験をを受け、

合格すれば日本での就労が認められる。

たとえば、病院で看護師として働く場合、

体温をはかるとか、体の状態を聞くために

患者を巡回することはできるかもしれない。

ただ、それだけでは日本人の看護師のかわりとして

戦力になるのか疑問である。

たとえば、病院では点滴液などの交換は

看護師がおこなっているが、

日本語を読めなくて間違いはないのだろうか。

勘違いして他の点滴液を持ってきて

そのままつないでしまったら

命にかかわることになる。

患者としてはおちおち寝ることもできないだろう。

命を預ける立場にたって慎重な対応を願いたい。



ラベル:外国人看護師
posted by うえぴー at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

新司法試験始まる

3回目の新司法試験が今日から始まった。

法科大学院修了生を対象としたものである。

政府の目標では2010年までに合格者を

3000人に引き上げる。

今回は6261人が受験しているようだ。

第1回の受験者数は2091人で合格率は48.3パーセント、

第2回の受験者数は4607人で合格率は40.2パーセントだが

今回の合格率は第2回目より下がるだろうと予想されている。

合格者は司法修習生を経て、裁判官、検察官、弁護士、法曹学者

などに分かれる。

裁判官、検察官、弁護士が増えれば裁判が早くなる。

現在のいつ終わるかわからない裁判から

開放される。

また、過疎の地にも弁護士がいてくれれば

その土地の人は助かるだろう。

弁護士の就職難といわれているが、

それは都会だけの話のような気がする。

裁判官、検察官、弁護士が増えることは

将来的に望ましい。

だが、あまりにも増えることにより

資質が低下することだけは

避けなくてはならないだろう。


ラベル:新司法試験
posted by うえぴー at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

架空投資話で20億詐欺

架空投資話で20億の詐欺をした疑いで

江戸川区の45歳の主婦が逮捕された

という記事を見た。

被害者は約80人いて、

1人当たり2000万円以上になるとみられる。

この女は高級スポーツカーの愛好会を通じ、

「知人の建設会社の廃材を輸出すれば高く売れる。

配当は1ヵ月で10パーセントから30パーセントくらいになる」

という架空の投資話をして現金を集めたらしい。

それにしても詐欺の金額が大きい。

裕福な人が多かったのだろうか。

短期間ではこんなにだまされる人が

増えないはずだから、

何年も詐欺を続けていたことになる。

だまされたことを知らない人は

被害届を出さないので、

警察がはいりにくい。

次から次へとだまし、入ってきた現金を

利息として配分していたのだろうか。

人間の欲がある限り、

詐欺はなくならないのかもしれない。


















ラベル:架空投資話
posted by うえぴー at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

四川省で大地震

中国の四川省で大地震が起きた。

日本時間の午後3時過ぎ、中国四川省で

マグネチュード7.8、震源の深さ10キロの

大地震が起き、107人が死亡したという

ニュースをテレビで見た。

多くの人がビルの外へ避難している映像が

流れていた。

中国では1976年に河北省で大地震があり、

24万人が亡くなったといわれている。

今回の地震の被害状況も詳しいことは

報道されていない。

ただ、大地震であることは間違いない。

時間が経過すればするほど

被害は大きくなる。

一刻もはやく救援をおくることが

望まれる。






ラベル:四川省 大地震
posted by うえぴー at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。