2008年06月30日

独禁法違反

ある大手家電量販店が独占禁止法違反で

公正取引委員会から排除命令を受けた。

公正取引委員会によればこの大手家電量販店は新装や改装の際に

家電メーカーの販売子会社にメールやファックスで

依頼し、従業員を派遣させ、

無報酬で商品の陳列や販売などをさせていたという。

派遣された人は約250社から延べ

16万6000人にもなるようだ。

家電量販店に優越的地位乱用で公正取引委員会から

命令がでるのは初めてのことだという。

公正取引委員会の立ち入り後は1日5000円を払ったが、

少ないと判断されたようだ。

この大手家電量販店の売上は1兆7300億円あり

家電量販店のなかでも巨大である。

これだけ急拡大するには、

メーカーの人的応援がなければできないかもしれない。

ただ、メーカーに派遣を頼むにしても、

会社として守らなくてはならない最低限のルールがある。

そのルールが守れなかったことは残念である。

パソコンや電化製品はいつもこの大手家電量販店で買っている。

店員の応対も気に入っているので、今後も買うつもりだ。

それだけに公正取引委員会から排除命令を受ける

ようなことはしてほしくない。








ラベル:独禁法違反
posted by うえぴー at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

落書き

イタリアの世界文化遺産サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

への日本人観光客の落書きが非難を浴びている。

最初は今年の2月18日岐阜私立女子短期大学の学生が

大聖堂の見晴台の大理石の壁に油性ペンで

自分と友人の名前や大学名などを書いた。

続いて京都産業大学の学生3人が大聖堂の最上階の柱3ヵ所に

油性ペンで自分の名前や大学名を書いた。

今度は水戸の高校野球部の監督が同じように大聖堂の柱に

自分の名前を書いた疑いがあり現在調査中である。

教会からは謝罪してくれれば修復の費用はいらないとの

回答を受け、学長や学科長、本人が英字の謝罪文を書いて

送っている。

このようなニュースを見るたびに

日本人として恥ずかしいと思う。

それも世界文化遺産に落書きするなんてもっての外だ。

日本人はマナーがいいといわれたが、それも昔のことか。

本当に嘆かわしい。

手紙の謝罪だけでなく本人と大学の関係者が

イタリアにいって直接あやまるくらいのことを

するべきであろう。





ラベル:落書き
posted by うえぴー at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

ビル・ゲイツ引退

アメリカのマイクロソフト創業者ビル・ゲイツが

今月末で非常勤となり引退する。

大学在学中の19歳で創業し一代で世界的な会社にした。

なんといってもウィンドウズが発売されてからは

世界のOSの圧倒的なシェアを占めた。

今後は慈善事業をするという。

まったくパソコンなんて縁がなかった。

最初はマッキントッシュから始めたが、

しばらくしてからウィンドウズに切り替えた。

全体的に使いやすかったからだ。

このウィンドウズがなければ、

いまごろはまだパソコンを使うこともできなかった。

今ではパソコンがなければ仕事もできない。

そう思うとビル・ゲイツの働きは大きい。

ウインドウズにネットの閲覧ソフトを組み込んだ

抱き合わせ販売では批判をあびたが、

功績の大きさには変わりはない。













ラベル:ビル・ゲイツ
posted by うえぴー at 23:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

年金記録入力ミス

社会保険庁の発表によると、年金記録についての

コンピューターと紙の台帳との照合のサンプル調査で

入力ミスが推計で560万件あるということがわかった。

サンプル調査は厚生年金の被保険者名簿から

2万件を選んで行ったという。

社会保険庁は22年前から厚生年金記録の

オンライン化をすすめているが、

その際入力ミスをしているようだ。

年金の額に影響してくる人もいるので深刻である。

先日、以前勤めていた会社の元上司から

年金の手続きをしてきたと電話があった。

その社会保険事務所は人であふれていて

ずいぶん長く待ったようである。

特に今は「ねんきん特別便」をうけとった人が

社会保険事務所にきているから、

よけいに混んでいるのだろう。

新聞やテレビで年金に関するニュースを流すたびに

社会保険事務所におしかける人が増える。

この状況はいつまで続くのだろうか。




posted by うえぴー at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

日雇い派遣

人材サービスの大手会社が日雇い派遣子会社を

7月末に廃業する決定をした。

その子会社はグループの売上の27パーセントを

占めているので大きな痛手であるという。

東京労働局から業務停止命令を受けたことも

影響していると思われる。

アルバイトのかわりに日雇い派遣労働者の

受け入れをしていた会社も、方針を見直すようだ。

法律で日雇い派遣を禁止すべきだという声もある。

日本人材派遣協会はイベント、引越し作業などへの

日雇い派遣の必要性を主張している。

また、日雇い派遣で生計をたてている人もいる。

どちらにしても今度の労働者派遣法の改正で

日雇い派遣にきびしくなるのは

間違いないようだ。

会社にも労働者にもメリットがあるような

方策はないものだろうか。



ラベル:日雇い派遣
posted by うえぴー at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

介護業者倒産増

東京商工リサーチの調査によれば、

今年は介護業者の倒産が増えているという。

平成18年の改定で介護報酬が引き下げられたが、

その影響が大きく介護保険制度導入以来、

最悪になるようだ。

深刻な人手不足も影響しているという。

実際に介護ヘルパーとして働いている人に聞いてみると、

時給単価はいいらしい。

ただ、1日のうち何時間できるかが問題で、

1ヶ月としての報酬は少なく

1つの介護業者だけで働くには無理があるという。

介護ヘルパーとして複数登録して頑張っている人が

多いようだ。

介護ヘルパーになる人が少なくなり、

介護業者も少なくなるとそれも困る。

介護を求める人は多くなるのだから、

介護業者が存続できるような

改定が必要なのかもしれない。












posted by うえぴー at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

執行猶予中の講師

北九州市で高等専修学校で

懲役刑で執行猶予中の

非常勤講師を採用していたことがわかり、

この講師の授業は無効となったという

ニュースを見た。

この講師は欠格条項の調査に対し、

禁固以上の刑を受けたことはないと

回答したようである。

この無効となった授業を受けた生徒は、

夏休みや冬休みなどで

補習を受けることになったという。

これを書いていて思い出した。

2週間ほど前にも同じようなことがあった。

そのときも生徒が補習を受けることになった。

市の教育委員会の責任なのに、

生徒に負担がいくという構造はいっしょである。

これで教育委員会といえるのだろうか。


posted by うえぴー at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

土佐犬

土佐犬に噛まれた飼い主が死亡したという痛ましい

ニュースを見た。

福岡県で自宅のおりの中に飼っていた土佐犬に噛まれ

飼い主が倒れていた。

飼い主を助けようとして、

飼い主の父親がおりの中に入ったところ、

この父親も土佐犬に噛まれた。

たまたま近くにいた建設関係の人が2人を助け出したが

飼い主は死亡していて、父親は重傷だという。

また、建設関係の2人も噛まれたが軽傷のようだ。

もともと土佐犬は闘犬用の犬だから攻撃性が強く

ペットとして飼育するのは難しいと言われている。

番犬や護衛犬として飼う人もいるが、

このような事故も時々あるようだ。

以前、土佐犬を散歩中に飼い主が

おそわれたこともあった。

飼い犬に噛まれて亡くなった飼い主も

気をつけていたのだろうが、

急に攻撃されて防ぎようがなかったのかもしれない。

悲しい事故であったとしかいえない。





ラベル:土佐犬
posted by うえぴー at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

食中毒

6月になって食中毒のニュースが多くなっている。

富山の焼肉店で中学生22人が下痢などの食中毒症状を

訴えた。このときは鶏肉が原因だったようだ。

つい先日は、東京のホテルで出された弁当を食べた

95人が下痢や腹痛などの食中毒症状を訴えた。

原因はわかっていない。

食中毒のなかでも変わった記事をみた。

茨城県の飲食店で料理にアジサイの葉を添えたところ

それを食べた8人の客が食中毒症状を起こしたという。

アジサイの葉には胃液と反応し青酸をつくるものが

含まれていて、有毒性があるようだ。

飲食店はアジサイの葉が有毒であるとは知らないで、

季節感を出すために料理に使ったという。

毎年、この時期から食中毒が増える。

通常はノロウイルスによる食中毒が多いようだ。

ノロウイルスは急性胃腸炎を引き起こすウイルスで

牡蠣などの貝類による食中毒の原因になっているものである。

好きなものを食べて食中毒になったら

しかたがないのかもしれないが、

それで仕事を休まなくてはならなくなったら、

それこそ大変である。

なま物に気をつけることはもちろんのこと、

ちょっとおかしいと感じたら食べないほうが

いいのかもしれない。
ラベル:食中毒
posted by うえぴー at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

飛騨牛

岐阜県の食肉販売会社が牛肉偽装をして

販売していたというニュースを見た。

この会社は格付け等級の低い肉を飛騨牛として

自社の販売店で店頭販売していたという。

農林水産省や岐阜県が調査しているようだ。

飛騨牛は岐阜県で14ヵ月以上飼育されている和牛で

格付けが肉質3等級、4等級、5等級の牛肉をいうらしい。

スーパーはその会社から仕入れた肉の販売をやめ、

店頭から撤去しているという。

食に対する偽装は何度も何度も出てきているので、

そろそろうんざりである。

今回も、その会社の社長が「会社として不正を指示した覚えはない」

と言い切っているが、はたして本当にそうだろうか。

食の偽装は内部告発でもないかぎり表面化しにくいし、

会社が知らないことを社員が勝手にやるということは

普通に考えればありえないからだ。

農林水産省や岐阜県に徹底した調査を求めたい。









ラベル:飛騨牛 牛肉偽装
posted by うえぴー at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

グリーンピース

環境保護団体グリーンピース・ジャパンのメンバー2人が

窃盗容疑で逮捕された。

その容疑者は逮捕前にテレビで、

荷物を持ち出した行為について

「横領告発のためであり窃盗ではない」

と主張していた。

テレビのニュースによると、

日本の調査捕鯨船の乗組員の荷物を

グリーピースのメンバーが

運送会社から無断で持ち出したという。

荷物の中身は加工鯨肉が入っていたようだ。

グリーンピースは反捕鯨で過激な活動をしているが、

今回は言い訳のできない行為である。

横領告発のためとはいえ、

警察でも令状がいるのに

勝手に人の荷物を持ち出す行為は

どう考えても窃盗罪に当たる。

窃盗が許されるわけがない。

ものの考え方がおかしいと言わざるをえない。




posted by うえぴー at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

高齢者向けパソコン

高齢者向けパソコンが今回初めて発売される。

1年間は電話相談窓口もあり、

パソコンを使いこなせるまで

フォローするようだ。

高齢者向けの携帯電話は出ているので、

パソコンが出ても不思議はない。

昨年の高齢者に対する調査では、

日本の高齢者の65パーセントが

携帯電話やパソコンを使わないと

回答しているという。

パソコンは難しいという固定観念があるから

使わないのであって、いざ使ってみると、

便利なことに気づくはずだ。

つい先日も72歳の知り合いから、

パソコンの基本操作を教えてもらえないだろうか

という相談があった。

この方は仕事もしているのだが、

これからパソコンを覚えるという意欲に敬服した。

高齢者であってもパソコンを覚える気持ちが強く、

メーカーのフォローさえしっかりしていれば、

使いこなせるのではないか。




posted by うえぴー at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

不動産おとり広告

大手不動産賃貸仲介業の会社が不動産おとり広告で

公正取引委員会から排除命令を受けたというニュースを見た。

この会社は、もうすでに入居している部屋の広告を出したり、

マンションなどの築年数を短くしたり、

最寄り駅までの時間を実際よりも短く表示していた。

公正取引委員会の発表では13店舗を調べたところ9店舗に

景品表示法違反にあたる表示があったという。

2年前、引越をしようと思い、次のマンションをさがすために

この会社に行ったことがある。

いろいろ案内をされたが、たまたま希望の物件がなかった。

他の不動産賃貸業者で探したところ、自分の希望にあうところが

見つかり、現在住んでいる。

最寄駅までの所要時間はどこの不動産賃貸業者も

多かれ少なかれ短くしているような気がした。

足の長い人が歩けばそのくらいの時間に

なるのかもしれないので、所要時間を短くしていると

断言はできない。

でもマンションの築年数は間違っていたら困る。

長く住んで古くなったからできるだけ新しいマンションに

変わろうとしているのに、その年数が間違っていたら

変わった意味がなくなる。

マンションも古くなると排水管に異常がでるので、

水のながれをチェックすればわかるかもしれないが、

普通は外観で判断する。

築年数が3年や4年違っていても見分けがつかない。

会社ではコンピューターの入力ミスと言っていたが、

業者を信頼して探しているのだから、

せめて築年数くらいは間違わないでほしい。

一度信頼を失うと取り戻すことが大変なのは

わかっているはずである。






posted by うえぴー at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

大阪西成騒動

大阪の西成区の警察署に、労働者が集団で集まって

抗議をしているというニュースを見た。

ことの発端は、西成区の男性が飲食店で店員に

言いがかりをつけたということで警察の取調べを

受けたが、そのとき警官から暴力を振るわれたという。

その男性は警察署に謝罪しろと押しかけたが、

そのまま相手にされずに帰されたようだ。

頭にきた男性は他の仲間に警察で暴力を受けたと話した。

その後警察署周辺に200人くらいの労働者が集まり、

警察署に抗議し、空き瓶などを投げ始め、

警察官も負傷したため、機動隊が出動する騒ぎに

なっている。

今日で3日間続いているようだが、労働者数名が逮捕されている。

大阪の西成といえば、17年〜18年くらいまえに暴動が起きた

ことを覚えている。

何が原因だったか記憶にないが、警察に謝罪を求めて

警察とのにらみ合いの末に暴動になり、

暴動は5日から6日間続いた。

今回も同じような原因だとしたら、

大規模な暴動に発展しかねない。

はやく事態を収拾すべきである。
ラベル:大阪西成騒動
posted by うえぴー at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

常識

テレビをつけたら常識に関する番組をやっていた。

普通常識と思われていることが実はそうではない

ということを立証する「驚き・人生変わる新常識」

という番組である。

たとえば「海藻を食べると髪がふさふさになる」というのは

常識だと思っていたが、海藻を毎日食べている何人かの漁師の

頭髪を調べたらそうではなかった。

また、「赤ワインは常温で飲む」の常温というのは、

平常の温度かと思っていたが、

そうではなく一定の温度という意味であるという。

赤ワインを一番おいしいと感じる温度は15℃前後のようだ。

特に意外と思ったのは、猫についての調査である。

猫は魚が好物だと思っていた。

魚と肉とを並べておくと、すべての猫が肉を食べる。

また、さらに肉と生クリームを並べると

生クリームを食べるというものである。

結局、猫の大好物は生クリームだという。

獣医さんも出ていたので根拠があるようだ。

あれっと思うことが多くおもしろい番組だった。

誰でも「常識がない」と言われたくはないと思う。

ただ、世の中の常識ほどあてにならないものは

ないのかもしれない。







ラベル:常識
posted by うえぴー at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

副都心線

今日、埼玉の和光市から池袋、新宿、渋谷に至る

副都心線が開業した。

家族づれや鉄道ファンなど始発を待つ人で

150人以上の行列ができたようだ。

なかには前日の朝から並んでいた人もいたという。

初日だということもあって大変な混雑だったようである。

仕事で渋谷にはよくいくので、早速来週から利用したいと

思っている。

池袋から渋谷にいくときに山手線はいつも混む。

混雑は苦手なので時間をずらしたりしていた。

それでも時々は仕事の都合で

朝の早い時間に乗らなくてはならないときもある。

そんなときは異常なくらいの混みようだ。

電車のなかで気持ちがわるくなることもあった。

これからは埼京線、山手線、副都心線に分散されるから、

混雑は緩和するだろう。

副都心線への期待は高まるばかりである。











ラベル:副都心線
posted by うえぴー at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

無資格教員

毎日新聞の記事によると北九州の私立高校で、

男性教員が無資格で授業をおこなっていたという。

この男性は調理師免許を改ざんして学校に提出したが、

学校も見抜けなく授業を行っていた。

この調理の授業がすべて無効となり生徒108人が補講を

受けざるを得ないようだ。

補講は1年生が20時間、2年生と3年生が

90時間から120時間になるという。

無資格で授業をした男性は懲戒解雇ですむかもしれないが、

生徒たちには大変な迷惑なことである。

いくら実務を知っていても資格がないと

できない仕事はたくさんある。

そのため資格の確認はコピーでなく

原本を確認することが通常に行われる。

コピーであれば簡単に変更できるからだ。

今回、原本の確認を怠った学校の責任は重大だ。

一番被害を受けたのは

無資格教員の授業を受けていた生徒である。

受けた授業がすべて無効では

あまりにもひどい仕打ちである。

何か救える方法はないのだろうか。




ラベル:無資格教員
posted by うえぴー at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

携帯サイト

秋葉原無差別殺傷事件の容疑者が、

事件の日、携帯サイトの掲示板に

犯行予告を書き込んでいたことを

テレビのニュースで繰り返し流している。

容疑者は事件予告を書けば、それを目にした人が

警察に通報し、事件を起こすことがなかったと

勝手なことを言っているらしい。

実際には携帯サイトへの書き込みが多すぎて

監視することは無理である。

容疑者は自分の行動の全部をインターネットの

携帯サイトの掲示板に実況中継しているが、

もうこの時点で異常といわざるを得ない。

事件のことが日曜日から毎日テレビで放映されているが、

見れば見るほどあまりにも残酷で

容疑者に対しての怒りがこみ上げてくる。

この事件で亡くなった方やケガをされた方が可愛そうすぎる。





ラベル:携帯サイト
posted by うえぴー at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

点滴の作り置き

テレビのニュースを見ていたら

三重県の病院で点滴を受けた患者が腹痛、

発熱などの症状を訴え、

16人が体調不良となり1人が死亡したそうである。

院長は患者の死亡と体調不良の原因が病院にあると

謝罪していた。

病院に勤めていた看護師の1人が点滴の

作り置きをしていて、その点滴が原因で

院内感染が起きたようだ。

病院の院長は点滴の作り置きは禁止していたので

まったく知らなかったと弁明していた。

この病院では2年前にも点滴後に体調不良を訴えた

患者がいたという。

病気をなおすために入院したのに、

病院の点滴が原因で、

体調不良になったり、なかには亡くなった人が

いるのでは、何のための病院なのか。

こんな危ない病院には行きたくない。

1人の看護師のせいにしているが、

病院全体で点滴の作り置きが常態化していたのではないか

と勘繰りたくもなる。

患者の命を預かっているという自覚がなさすぎるようだ。






posted by うえぴー at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

救急車

最近、比較的軽度の状態で救急車を呼ぶ人が

増えていると言われている。

以前テレビで報道していたが

自分で歩くことができるのに

タクシーがわりに利用している人もいるという。

そのために、緊急な患者に対して

間に合わないこともあるようだ。

救急車はあくまで緊急のときのためにある。

日曜日の秋葉原の事件のような緊急なときには

救急車が何台も必要となる。

夜中に調子がわるくなったときは

しかたがないのかもしれないが、

昼間、自分で歩けるようなときは

できるだけ自力で病院にいくべきだ。

自分自身、救急車をたのもうか

どうしようかというときがあった。

ただ、なんとか歩くことができる状態だったので、

電車で病院までたどりつくことができた。

そのまま入院となってしまったが、

緊急を要するかどうかは自分の体だから

ある程度はわかる。

ただ、無理をして手遅れになっても困る。

要は救急車を呼ぶ側の気持ちの問題である。

ちょっとしたことでは呼ばないという

気持ちが必要なのではないか。



ラベル:救急車
posted by うえぴー at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。