2008年07月11日

アイフォーン

アメリカアップル製の携帯電話アイフォーンが今日販売された。

渋谷のソフトバンク表参道には1500人くらい並んだようだ。

なかには徹夜して並んだ人もいるという。

iPhone3G(アイフォーン)は高さ115.5ミリ

幅62.1ミリ奥行き12.3ミリというから

今までの携帯電話の画面部分の幅を少し

おおきくしたような感じである。

ディスプレイは3.5インチのワイドスクリーンで

タッチディスプレイがいい。

アイフォーンは携帯電話、インターネット、音響プレーヤーの

機能を持つのが人気である。

世界で600万台売れているという。

以前からほしいとは思っていたが、

前日から徹夜したり長い時間待つほど

すぐに必要でもない。

1ヵ月〜2ヵ月もすれば、この騒ぎも収まるだろう。

その時点でゆっくり商品を見て、

今使っている携帯電話より便利か、

機能が仕事に役に立つのかを見極めてから

それでも必要なら購入したい。

ブームにのって買ってあとから後悔するような

ことはしたくはない。




ラベル:アイフォーン
posted by うえぴー at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

呉服販売

経済産業省から通信販売の会社に特定商取引違反で

6ヶ月間の一部業務停止の命令が出た。

この会社は、目的を隠して展示会などに勧誘し、

高価な呉服や宝飾品などを売りつけていた。

被害者には高齢者が多いようだ。

一度会場にはいったら買うまで帰れないような

雰囲気をつくり、無理やり売りつけていた。

1人あたりの販売は50万円にもなり、

家にかえったあとで解約を申し出ても

うけつけなかったという。

通信販売では大手であるだけに、

そのやり方に対して批判が多いようだ。

会社では再発防止に取り組むとしているが、

販売マニュアルまであるということは

会社の命令によって社員が売っていたのでは

ないかと思える。

この会社は一部上場会社であるが、

たとえ一部上場会社とはいっても

一度落ちた信用を取り戻せないことは

わかっているはずである。










ラベル:呉服販売
posted by うえぴー at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

ブラジル産鶏肉

今度は鶏肉が偽装で問題となっている。

テレビのニュースによれば東京江戸川区の食肉販売会社が

ブラジル産の鶏肉を日本産と偽って

千葉県浦安市の学校給食センターに

納入していたことがわかったという。

社長は利益のために自分でおこなったことを認め、

「みんなやっいることだ。見た目だけではわからないと

思った」と言っている映像が写しだされた。

浦安市は国内産と限定して産地証明書を求めていたが、

この会社は岩手県産の証明書のコピーを偽造して

出していたようだ。

ブラジル産か日本産か見分けるのはプロでも

難しいという。

テレビに写し出された社長は、

たまたま見つかったようなことを言っていたが、

悪いことをしたという罪の意識はないのか。

牛肉、うなぎ、鶏肉と偽装ばかりで

何を信じていいのかわからない世の中に

なってしまった。



posted by うえぴー at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

ベビーカー

ベビーカー大手の前身会社が製造販売した

ベビーカーで事故が起きているという

記事を見た。

ハンドルと本体を取り付けるネジがはずれ、

背もたれが傾き乳児が落ちる事故だという。

このベビーカーはアップリカ育児研究会アップリカ葛西が

2003年に製造したものだ。

会社にはクレームが9200件あったが経済産業省に

報告していなかったことも問題となっている。

今日からスーパー、小売店は店頭から

アップリカ製のベビーカーを撤去しているようだ。

なかには顔から落ちて大怪我をした乳児もいるようで、

会社の責任を求める声がおおきくなっている。

会社は原因の究明のため公表が遅れたといっているが、

言い訳にしか聞こえない。

大体9000件のクレームがあったら

次の事故を起こさないように

ベビーカーの不具合を公表するのは

企業として当然のことである。

売れなくなる前にできるだけ売るという

利益優先の考えがあったのではないかと

疑いたくもなる。

不具合のベビーカーを買ってしまった親も

ケガをした乳児も泣くに泣けない。







ラベル:ベビーカー
posted by うえぴー at 22:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

歌詞盗用裁判

裁判で人気漫画家と人気アーティストが

初対決したという記事をみた。

もともと人気漫画家が自分の漫画でのフレーズを無断に使用された

と人気アーティストを非難したことから始まった。

問題のフレーズは

漫画では「時間は夢を裏切らない。夢も時間を裏切ってはならない」

となっていて、

歌詞では「夢は時間を裏切らない。時間も夢を決して裏切らない」

となっている。

人気漫画家は前後を入れ替えただけだと主張する。

ただ、人気アーティストは漫画を読んでいなかったし、

納得できなかったのだろう。

話し合いが物別れに終わり裁判となったものである。

一時はブログでいろいろな意見が出ていたから、

記憶には残っていた。

裁判はまだ決着がついていなかった。

どちらも譲ることができないのだろう。

人気漫画家も人気アーティストも天才といえる人だから、

偶然にも同じ頃に同じようにこのフレーズを思いついたの

かもしれない。

また、先に使っていたほうのフレーズが

頭のどこかに残っていたのかもしれない。

真実はわからないが、どちらにしろ裁判で泥仕合になって

ほしくない。

漫画にしても歌にしても人に夢と希望を与えるものと

いうことだけは忘れて欲しくないものである。



ラベル:歌詞盗用裁判
posted by うえぴー at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

医師不足

日本経済新聞の全国病院調査によれば、

回答した病院の6割が

医師不足で診療体制を縮小しているようだ。

調査は2000病院を対象として実施されたという。

なかでも内科や産婦人科、小児科などを縮小している

病院が多いようだ。

緊急医療にも影響している状況である。

医師不足の対策として、出産や育児のために

やめた女性医師を現場に復帰させることが

行われている。

ただ、子供を育てながら病院に復帰するには

短時間勤務でないと無理があるようだ。

あとは、医療技術がすすんでいるため

長く現場から離れていると

医師としての勘をとりもどすのに

時間がかかるという。

この調査のとおりに医師が不足すると

不安で仕事もできない。

実際、2年ほど前に緊急入院したことがあるが、

もし病院が受け入れてくれなかったら、

そのまま死んでいたのかもしれない。

普段健康に過ごしていても

いつ病魔に冒されるかは予想も出来ない。

早急な対策を求めたい。










ラベル:医師不足
posted by うえぴー at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

熱中症

昨日、本日と暑い日が続いている。

たまたま仕事で出かけたが、

少し歩いただけでワイシャツが

汗でビショビショになる暑さである。

この時季になると熱中症になる人が多い。

奈良県ではもう熱中症で亡くなった人がいる。

熱中症をフリー百科辞典「ウィキペディア」で調べてみた。

熱中症には熱失神、熱疲労、熱痙攣、熱射病などの

種類があるようだ。

直射日光の下での長時間行動や高温多湿の室内で起き、

発汗による脱水と末端血管の拡張によって、

体全体の血液の循環量が減少した時に発生するのが

熱失神であると記述されている。

熱失神の症状は突然、意識がなくなることである。

多量の発汗に水分・塩分補給が追いつかず、

脱水症状になったときに発生するのが熱疲労である。

暑い日にスポーツをしていて脱水症状になったと

よく聞くが、これが熱疲労のようだ。

熱痙攣は大量の発汗後に水分を補給しても、

塩分やミネラルが不足したときに発生するという。

また、熱射病は体温調節機能が失われる。

熱射病の症状としては発汗は見られない。

ただ体温が40℃以上まで上昇するので

高度の意識障害となるという。

いずれも、前日より急に温度が上がったときや

多湿であるときに起こりやすいようだ。

また、午前10時頃と午後13時から14時頃が

一番熱中症にかかりやすい時間帯といわれている。

できるだけ水分をこまめにとるようにしているが、

水だけでなく塩分も補給しないといけないから、

スポーツドリンクがいいようだ。

熱中症は自覚症状がないといわれるので、

外出時には特に気をつけたい。








ラベル:熱中症
posted by うえぴー at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

ピック病

テレビのニュースでピック病という病気のあることを知った。

ピック病とは若年認知症のことで、

脳の前頭葉や側頭葉の萎縮により機能に障害がおき、

反社会的行動や同じ行動をくりかえすことが

特徴であるという。

テレビでは身勝手な行動をすると表現していた。

同じ行動をくりかえす具体的なものとして、

半年間にネクタイ100本、くつ20足も買ったそうである。

家族も最初は気がつかないで、ただ買い物をして

ストレスを発散していると思ったようだ。

病院にいっても、うつ病と判断されることが多く

ピック病との鑑別が難しいという。

認知機能の低下、不眠、抑うつ、妄想などの症状がおき

その都度、薬物療法がおこなわれることが多い。

テレビでもピック病の人が

自分でおこなったことにまったく記憶がないと言っていた。

ピック病という病名は初めて聞いたから、

そんなに多くはいないだろうと思ったら、

全国に2万人くらいいるようだ。

ピック病をなおすには

専門医の診断や治療を受けることが必要だが、

目をはなすことができないので

介護をする家族は大変なようだ。

これだけ医学が進歩しても、

まだわかっていない色々な病気がある。

でも必ず解明されるときがくると

信じて頑張って欲しい。






ラベル:ピック病
posted by うえぴー at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

偽装ウナギから抗菌剤

テレビのニュースによれば神港魚類が

偽装ウナギから合成抗菌剤を検出したと

発表したという。

偽装ウナギとは、いま騒がれている三河一色産と

表示していた中国産のウナギである。

この抗菌剤はマラカイトグリーンであり、

以前から発がん性が含まれていることが

指摘されている。

神港漁類はこのウナギの蒲焼を50万トンくらい出荷していて

関西方面に販売されているという。

大量に摂取しない限り問題はないようだが、

大体そんなウナギを売ること自体が間違っている。

偽装ウナギの中心的な役割をした会社の社長は、

4億4千万円の中国産のウナギが、

日本産と表記するだけで7億円になったと

いっている。

最近はウナギに限らず自分の金儲けのためには、

他人が健康を損ねても関係ないという

自分勝手の考え方がはびこっているような

気がしてならない。

世の中がすさぶばかりだ。
posted by うえぴー at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

エビ養殖詐欺

エビ養殖に投資すれば1年で2倍になるといって

出資金を集めた投資会社の会長が

組織的搾取の容疑で逮捕された。

この投資会社はフィリッピンに東京ドーム450個分の

エビの養殖場があり、1匹2円のエビを育てれば

4ヵ月後には60円で売れると出資を募り、

35000人から850億円を集めたが、

エビ養殖の実態はなかったという。

全国の一流ホテルで説明会を開き、1口10万円で出資を募り、

出資者には小判や財布を配って信用させていたようだ。

この容疑者はマルチ商法では有名らしい。

会社を立ち上げては出資金を集め、

事業をしないで3年から4年で倒産させることを

繰り返しているという。

1999年に設立した健康食品会社では

300億円あつめて2003年に倒産している。

前回の300億円も今回の850億円にしても

よく集めたものだ。

事業をやるのなら、まず金融機関に相談して

融資を受けるのが普通であるから、

個人から出資を募るのは怪しい会社しかない。

それでも出資している人がいる。

よほど信頼できる人からの話でないと出資しないはずである。

被害を受けた人は家族や友人からすすめられた人が多いのも

わかるような気がする。

このマルチ商法を隠れ蓑にしているから

騙されていることがわからないのかもしれない。

それにしても集めた多額のお金はどこへ消えたのだろう。










ラベル:エビ養殖詐欺
posted by うえぴー at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

社会保険庁の寮放火

武蔵野市にある社会保険庁の寮に侵入し、

放火した男が逮捕された。

男は社会保険庁武蔵野寮に侵入し、

玄関前に灯油入りペットボトル2本と

カセットコンロ用ガスボンベ3本をいれた箱を置き火をつけた。

近くの住民が気づいて火を消したので、大事には至らなかった。

この男は社会保険庁の不祥事を起こすので懲らしめるために

やったと言っているようだ。

何も考えていないおかしな男である。

たとえ社会保険庁に不満があったとしても方法が間違っている。

大火事になり隣家にでも燃え移ったら大変だった。

この男は都営住宅に火をつけた疑いでも逮捕されているが、

他にも10件ほどの余罪があるようだ。

今回はすぐに火を消したため被害がなくてよかった。

放火が重罪なのを知らないのか。

まったくどうしようもない男である。










ラベル:社会保険庁
posted by うえぴー at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。