2008年09月10日

電気の窃盗

駅ビルのコンセントから電気を盗んだとして

女子大生が摘発された。

女子大生はJR相模原駅の駅ビル通路の

コンセントで約30分間携帯電話の充電をし、

電気を盗んだという。

盗んだ電気代は3銭と少額だったため

女子大生は微罪処分として処理されたようだ。

刑法235条には

「他人の財物を搾取した者は、窃盗の罪とし、

10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する」とある。

また、この財物については、

刑法245条に

「この章の罪(第36章窃盗及び強盗)については
 
 電気は財物とみなす」とあり、

電気の窃盗は明確な犯罪行為であることが規定されている。

携帯電話の電源がなくなれば、

コンセントをちょっと拝借して充電という気持ちは

わからないわけではない。

この女子大生も悪いことをしているという意識はなかったようだ。

ただ、たとえ他の人が同じようなことをしていたとしても、

悪いことであることには間違いはない。

女子学生も素直に反省するしかない。





ラベル:電気の窃盗
posted by うえぴー at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

暴力事件

電車の中で横にすわった男性と体がふれたことで言い合いとなり、

駐車場で顔面を殴られた男性は意識不明の重体になったという。

顔面を殴った31歳の男は傷害の疑いで逮捕された。

たかが電車内のちいさなトラブルで

相手が意識不明の重体になるまで殴るとは信じられない。

この殴った男は限度をしらないのか。

これ以上殴ったら死ぬのではないかとは思わなかったのか。

会社員時代、名古屋に転勤したとき、

夜の地下鉄で隣にすわった男にからまれたことがある。

次の駅で降りろといわれ

他の乗客のじゃまになるので降りたところ、

人通りがなくなったところでいきなり殴りかかってきた。

相手の拳をよけているうちに殴り返そうと思ったがやめた。

そのころ道場にいっていたので

もしかして大怪我をさせると破門どころか

人生がだいなしになると思ったからである。

結局、相手は捨て台詞を残していってしまった。

一方が相手にしなければ、喧嘩はなりたたない。

たとえいくら頭にきても暴力に訴えることは

してはならない。

逮捕されてから反省しても遅すぎるのである。
















ラベル:暴力事件
posted by うえぴー at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

大麻疑惑決着

大相撲のロシア人力士の2人が

大麻を吸ったのでないかという疑惑で

精密検査でも大麻の陽性反応がでた。

2力士は限りなき黒に近いということで解雇、

その責任をとって日本相撲協会の理事長が辞任した。

精密検査は世界反ドーピング機関公認の

都内の分析機関で行われていて、

「信用していない」という言葉ひとつでは

逃げられない状況に追い込まれた感じだ。

何日もニュースで取り上げられていたが、

長すぎる。

結果がでたことに、どうのこうの言っても

しかたがないのだから、

早く決着すべきだった。

他の力士もけいこに専念できない状況が

いつまでも続くと士気にかかわる。

国技といわれてもあまりにもひどい。

ある力士が言っていたが、

相撲もドーピング検査をやったほうが

いいのかもしれない。
ラベル:大麻疑惑
posted by うえぴー at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

他人のIDでネットオークション

ネットオークションサイトで

会員のIDやパスワードが盗まれているという。

その会員になりすまして大量の偽ブランド商品が

オークションに出品されているようだ。

盗まれたIDやパスワードは1万件になるという。

オークションに出品しようとした人が、

自分のIDが使用停止になっているので、

理由を問い合わせたことからわかったようだ。

オークションに出品すると1点10円から数百円

の手数料がとられることから、

会員とネットオークションサイトの運営会社の

あいだでトラブルとなっているという。

今のマンションに引越しする前、いらないものを

ネットオークションに出品しようとしたことがある。

結局、引越しの日がきてしまったので

不用品処分会社に引き取ってもらった。

それから2年、また不用品が増えてきた。

そろそろネットオークションに出品しようと思ったが、

このようなトラブルがあるとなると、その気もなくなる。

フィッシング詐欺対策のためのセキュリテイソフトを

入れていても防ぐことができないということは、

ネットオークションサイトの運営会社から

個人情報が流出した可能性も否定できない。

サイト運営会社にもどこから出品されたかを徹底的に調査し、

ID・パスワードの流出を防ぐ対策が望まれる。













posted by うえぴー at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

事故米転売

大阪の米粉加工販売会社が、

残留農薬やカビ毒が含まれる事故米を

転売していたというニュースをテレビで見た。

事故米は工場で加工し、

米菓や焼酎製造業者に転売されたようだ。

この会社の社長は会見で

自分の指示で販売させたことを認め、

九州の担当者から提案され了承したという。

農林水産省は、

この事故米について食べても健康への

影響はないとコメントしている。

また食の安全を脅かすことが起きてしまった。

特に焼酎業界には迷惑な話である。

健康への影響がないとはいっても

事故米をつかった焼酎は飲みたくないだろう。

具体的にどこに流通したかは明らかにされていないが、

事故米を回収すればすむという問題ではない。

法令順守について、これだけ報道されてもまだ

利益を追求するためには何をやってもかまわない

という会社があるということが残念でならない。





ラベル:事故米
posted by うえぴー at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

契約トラブル

国民生活センターによると、

精神障害や知的障害、認知症などの理由によって

十分な判断ができない消費者から契約に係わる相談が多いという。

2006年以降で、毎年1万件以上の相談があるようだ。

そのなかでも70歳以上の高齢者に係わる相談が多く

6割を超えているという。

相談が多い商品としては、ふとん類、健康食品、

サラ金・フリーローン、浄水器、新聞、リフォーム工事、

商品一般、電話情報サービス、アクセサリー、和服などである。

問題点としては、本人が契約した経緯を忘れてしまっていて、

契約に至ったいきさつを証明することが難しいこと、無職で

収入が少ないにもかかわらず多額の借金をしてしまって

返済が困難になることなどを挙げている。

国民生活センターでは、家族や身近の人が気をつけることが

不可欠だとアドバイスしている。

相変わらずこうした悪質な商法が横行しているようだ。

判断能力のない人を狙って契約を結ぶことは

人の道に反する行為である。

自分さえよければいいという考えの人が多くなったのだろうか。

寂しい世の中になった。









ラベル:契約トラブル
posted by うえぴー at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

グーグル・クローム

安定性とサイト表示速度を大幅に向上させた

無料閲覧ソフトのグーグル・クローム(Google chrome)が

今月2日に発表されたが、

1日でブラウザ市場の1パーセントのシェアを獲得したという。

アイスランドのウェブ分析会社StatCounterの調査によれば、

ブラウザの世界シェアはクローム1パーセント、

インターネットエクスプローラーは70パーセント、

ファイアフォックスは22パーセントだったようだ。

たった1日では、これから使う人なのか

よくわからないが、

試してみた人は多いのかもしれない。

いくら早くなったとはいえ、

使いやすいかどうかが問題である。

いままでInternet Explorerを使っていて、

急にGoogle chromeに変える人は少ないのかもしれない。

ただ、いろいろ試しているうちに

早くて使いやすく安定していることが確認できれば

今後シェアを伸ばしていくのは間違いない。






posted by うえぴー at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

身体障害者手帳不正取得

テレビのニュースでは

身体障害者手帳不正取得のために虚偽の診断書を作成した疑いで

札幌で開業している医師の関係先が家宅捜索されたという。

この医師は患者が聞こえると答えているのに

重度の聴覚障害だとして

虚偽の記載をした診断書を作成した疑いがもたれている。

医師の診断書により障害者手帳をもらった人は840人も

いるという。

道や札幌市による調査を始めたことにより

すでに760人が障害者手帳を返還しているようだ。

身体障害者手帳をもっていると、

医療費や税金面での優遇があることを

悪用したものとみられる。

不正のすべてが解明すれば、

身体障害者福祉法違反容疑または詐欺容疑にて

身柄を拘束されることになる。

医師ともあろうものが、

不正にかかわるとは嘆かわしい。

一体、なんのために虚偽の申請をしたのか。

単なるお金目当てだったのか。

真相の解明が望まれる。







posted by うえぴー at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

都営地下鉄職員を逮捕

都営地下鉄御成門駅で、

改札をとおった女子高校生に声をかけて

休憩室に連れ込み乱暴しようとした職員が逮捕された。

女子高校生は抵抗して逃げたため

ケガはなかったようだ。

女子高校生は子供用の切符で改札を通ったという。

女子高校生も悪いことをしているという気持ちがあったから

素直についていったのはないか。

通常は運賃の何倍もの罰金を払うか、

厳重注意を受けることになる。

まさか職員の休憩室に連れ込まれるとは

想像もしなかっただろう。

幸い逃げることができて事なきを得たが

精神的なショックは大きかったのではないか。

とんでもない職員がいたものである。

余罪もあるのではないか。

何故このような男が

職員として採用されたのかという疑問を感じる。

とうとう地下鉄職員まで信用できないような

時代になってしまったのか。

ラベル:地下鉄職員
posted by うえぴー at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

冤罪

テレビニュースによれば、

去年、大阪の電車内で女子高校生2人に痴漢をしたとして、

大阪府迷惑防止条例違反の罪に問われた会社員の裁判が行われ、

大阪地裁は無罪の判断をくだしたという。

事件は朝の通勤電車のなかだったらしい。

男性は最初から否認していたが

女子高校生2人の証言もあり起訴されたようだ。

このような場合、他に犯人がいることを

証明しないと無罪となることは少ないといわれる。

本人の言うとおりであれば

無実が証明されてよかったと言うべきだろう。

この人は1年以上、自分も家族も犠牲にしながら

無実を訴えたという。

おそらく会社も解雇され、家族は中傷され、

くやしい思いをしたに違いない。

こういう事件を聞くたびに、

満員電車には絶対乗るまいと思う。

混雑して身動き取れない電車のなかでは、

何を言われるかわからない。

もともと電車のなかでふらちな行為をする男がいるから

こういう問題になる。

冤罪をださないようにするためには

どうしたらいいのだろうか。

いっそのこと通勤時間帯の電車の半分を

女性専用車両にすることくらいしか

防ぐ方法はないのかもしれない。














ラベル:冤罪
posted by うえぴー at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。