2008年06月28日

ビル・ゲイツ引退

アメリカのマイクロソフト創業者ビル・ゲイツが

今月末で非常勤となり引退する。

大学在学中の19歳で創業し一代で世界的な会社にした。

なんといってもウィンドウズが発売されてからは

世界のOSの圧倒的なシェアを占めた。

今後は慈善事業をするという。

まったくパソコンなんて縁がなかった。

最初はマッキントッシュから始めたが、

しばらくしてからウィンドウズに切り替えた。

全体的に使いやすかったからだ。

このウィンドウズがなければ、

いまごろはまだパソコンを使うこともできなかった。

今ではパソコンがなければ仕事もできない。

そう思うとビル・ゲイツの働きは大きい。

ウインドウズにネットの閲覧ソフトを組み込んだ

抱き合わせ販売では批判をあびたが、

功績の大きさには変わりはない。















ラベル:ビル・ゲイツ
posted by うえぴー at 23:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ビル・ゲイツ氏「引退」に寄せて
Excerpt: 「…それでも貴方がIT界の巨星であったことに異論は無い。」〜本文より〜 米マイクロソフト(MS)の創業者、ビル・ゲイツ会長(52)が今月末で非常勤となり経営の一線から完全に退く。
Weblog: ブログ界の正論
Tracked: 2008-06-29 16:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。