2008年07月19日

セキュリティ

個人情報の漏洩が心配なので、

セキュリテイ対策セミナーに参加した。

今年の3月には郵便事業で同社社員1万7800人

の個人情報の入ったUSBメモリーが紛失した。

また、5月には京浜急行内で高校の生徒の個人情報

の入ったUSBメモリーが盗まれたという事件もある。

個人情報をUSBメモリーに入れて持ち歩くことは

ないとしても、パソコンの盗難が心配である。

事務所に誰かが入って、

パソコンを持っていくことがないともいえない。

デスクトップ型のパソコンといえども安心はできない。

常にバックアップはとっているし、予備のパソコンも

あるので事務所のパソコンがすべてなくならないかぎり

仕事には支障がない。

ただ、パソコンよりも、その中にはいっている情報が

洩れることのほうが重要である。

情報が洩れたことにより事務所の信用はなくなる。

情報漏えいの約70パーセントがパソコンとUSBメモリーから

起きているといわれるからだ。

今回のセミナーではパソコンとUSBメモリーの両方を

暗号化できるという。

ファイルごとに暗号化できるので、

もし盗難にあっても情報を見ることができず

情報漏えいの心配はないようだ。

セミナーを聞いて即導入する必要性を感じた。

すべてのファイルを暗号化すると復号化のために

時間がかり業務に支障をきたすので、

重要なファイルのみを暗号化しようと思っている。












事務所に誰かが入って


ラベル:セキュリティ
posted by うえぴー at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。