2008年07月24日

当選商法

国民生活センターのホームページに

最近の選商法について載っていた。

高額商品が当選したとか、賞金を受け取るための手続きを

してください等とダイレクトメールを送りつけられる

ケースが増えているという。

国民生活センターによれば

当選商法の具体例として、

簡単な計算問題を解いて解答と判定料金を送ると

175万円が支払われるというDMのケースを

挙げていた。

特徴としては、DMがエアメールで届くことや、

送金目的が判定料となっていてクレジットで支払う

ことなど海外宝くじと似ているという。

まだ、被害としては少ないようだが

国民生活センターでは

うまい話に気をつけることと、

クレジットカードの番号を教えない

などの注意を呼びかけている。

くれぐれも変なDMには返信しないことが

予防策のひとつである。

ほとんどが詐欺か個人情報を得るためのDM

である可能性が高いと思うからだ。






ラベル:当選商法
posted by うえぴー at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。