2008年07月28日

豪雨と濁流

テレビのニュースをみていたら

金沢の豪雨の映像が流れた。

今日の朝、北陸地方に強い雨がふり、

金沢では浅野川が氾濫したため、

川沿いの住民5万人が避難したという。

金沢市では午前5時から午前8時までに

110ミリの雨量を観測したようだ。

テレビでは濁流による大量の泥が

川沿いの家屋や道路に高く積もり重なっていた

のが映し出された。

また、神戸市灘区では大雨により都賀川が

氾濫し、女性1人と子供3人が死亡したようだ。

都賀川では午後2時40分に20センチだった水位が

20分ほどで1メートル30センチまであがったという。

浅野川にしても都賀川にしても氾濫は想像を絶するほどの

すざましいものであった。

自然の猛威をあらためて教えられた感じである。

人間は自然災害に関してはなすすべもないのかもしれない。

ただ、少なくとも被害が大きくならないような対策が必要だ。







ラベル:金沢 豪雨 神戸 濁流
posted by うえぴー at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。