2008年08月18日

68億円の出資法違反

元本保証で5パーセント〜12パーセントの利息を

支払うことを約束し、全国の高年齢者550人から

不正に総額68億円を集めた男4人が出資法違反で

逮捕された。

この男は実体のない資金運用会社を作り、現金を預かっていた。

当然、詐欺容疑でも調べを受けている。

大きな資金が言葉巧みに集められ

被害者は高齢者という構図が出来上がっている。

高齢になるといつ病気になるかわからないし、

身体的不安とともに働くこともできないから

蓄えはどうしても必要となる。

銀行にお金を預けておいても増えないなら

少しでも利息のいいものに投資したいという気持ちはわかる。

それを詐欺にような手口で集めて返さないという事件が

形をかえながら起きている。

こんな事件に自分がまきこまれないようにするためには

どう考えても条件がよすぎると感じたら疑ってかかるしかない。

投資話に対しても自分だけは絶対大丈夫だと思わないことが

必要かもしれない。




ラベル:出資法違反
posted by うえぴー at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。