2008年08月24日

県警出動せず派遣社員水死

今月の16日、栃木県鹿沼市の東北自動車道高架下の道路で

集中豪雨のために軽乗用車が水没した事故で、

県警あてに通報があったが出動せず

派遣社員の女性が亡くなったことが

本日明らかになったという。

県警は別の場所と混同し、出動しなかったようだ。

先日、消防も通報を受けながら混乱して

救助に行かなかったことがわかっているが、

消防と警察のダブルミスになった。

水没になると自分の力で車の外に脱出するのは

かなり難しいと思われる。

水圧で車のドアが開かないからだ。

まして女性ではドアを開く力もないだろう。

自分で脱出できないのなら助けを待つしかない。

助けが来ると思えば、

なんとか頑張ることもできるかもしれないが、

待てども待てども助けがこない状態では、

精神的にも打ちひしがれる。

どんなに待っても助けがこない。

消防も警察も助けに行っていないのだから

助けがこないはずである。

助けに行って、集中豪雨による水のために

助けることができなかったとは違うのである。

亡くなった女性もなんとも無念であったのではないか。







posted by うえぴー at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。