2008年08月31日

脳内出血

テレビで事故のニュースが流れていた。

東京足立区で大型トラックがバスに追突し、

バスの乗客、運転手ら12人がケガをしたという。

大型トラックの運転手は走行中に脳内出血を

起こしたようだ。

脳内出血をフリー百科事典「ウイキペディア」で調べてみた。

脳内出血は高血圧性脳内出血と非高血圧性脳内出血に

分類されるという。

高血圧性脳内出血は、高血圧症や動脈硬化が起きる

50歳〜70歳に多いようだ。

タバコを吸う人、糖尿病の人なども脳内出血の危険

があるという。

非高血圧性脳内出血は、もやもや病や脳腫瘍出血など

があるようだ。

脳内出血をしたトラック運転手さんは37歳ということだが、

トラックに乗る前に体の変調は感じなかったのだろうか。

普段タバコは吸わないのだろうか。

時間に追われる厳しい仕事であるから、

体を休めることもできなかったのかもしれない。

それにしても車に乗っていて突然脳内出血では

ブレーキをかけることもできない。

追突されたバスの乗客、運転手は軽傷だったというから

それだけが救いか。









ラベル:脳内出血
posted by うえぴー at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。