2008年09月15日

有毒粉ミルク事件

中国で粉ミルクを飲んだ乳児が腎臓結石になったという

ニュースをテレビで見た。

この粉ミルクには有毒物質メラミンが混入されていたようだ。

粉ミルクを飲んだ乳児は1万人もいて、

すでに2人が死亡し、53人が重症であるという。

牛乳にメラミンを混ぜ、

たんぱく質含有量を高めることにより

乳製品メーカーの検査をパスしていたようだ。

腎臓結石は、石が尿管に入ったときは激痛をともなうという。

友人が腎臓結石になったとき、

痛みで脂汗がでて、我慢できなくて

病院に運びこまれたといっていた。

大人でも我慢できないのに、

腎臓結石の乳児なんてかわいそうすぎる。

友人は薬で石を小さくしたようだが、

石の大きさによって治療方法は異なるようだ。

他国のことではあるが、人間の健康を踏みにじってまで

有害ミルクを売ろうとする業者が許せない。

厳罰に処するべきだ。






posted by うえぴー at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。