2008年09月19日

運転代行運転手の酒気帯び運転

酒を飲んで、酔った客の運転代行をした運転手が逮捕された。

この容疑者は、朝の8時ごろから9時ごろまでに

焼酎を1リットル飲んでひと休みしたあと、

夜に運転代行の仕事をしたという。

飲酒の検問でひっかかり、

道路交通法違反(酒気帯び運転)で現行犯逮捕となった。

お酒を飲んだ客が、運転代行を頼んだら、

酒を飲んでいた運転手がきたなんて話は

聞いたこともない。

この容疑者は「一眠りしたので、酔いは覚めたと思った」と

言っているらしいが、

焼酎を1リットルも飲んだら、

そんなにすぐに覚めるわけはない。

検問でつかまったからよかったが、

そのまま運転して事故でも起こしていたら

大変なことになっていた。

自分の仕事が運転代行であれば、

お酒を一滴も飲まないのが普通である。

人の命を預かっているという

自覚が足りないのではないか。








ラベル:運転代行
posted by うえぴー at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。