2008年09月26日

中国製パスタ鍋

中国製のパスタ鍋の取っ手がとれて

やけどをする事故が起きているという。

取っ手の付け根のところにヒビが入って腐食し、

鍋を持ち上げた際に取っ手がはずれるようだ。

全国で1万4千個売れているという。

なかには、大やけどをしたケースも出ているようだ。

最近の食品も含めて中国製は悪かろう安かろうという

イメージが定着してきた。

中国でも金儲けのために手段を選ばぬ人は一部で

あるだろうとは思うが、

毎回、中国産、中国製と新聞に書きたてられると

どうしても敬遠するようになる。

ギョーザから始まり、うなぎ、牛乳、と食品偽装か

と思ったら今度はパスタ鍋だ。

どこまで続くのだろう。

ギョーザで問題となったとき、

徹底的な解明がなされていなかったから、

こういう結果になったのではないかとも思える。

とにかく中国産、中国製は危なくて買えない。

健康を害したり、事故が起きてからでは遅いので

早急な対策が望まれる。




posted by うえぴー at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。