2008年10月15日

冷凍いんげん豆

大手スーパーで売っていた中国製冷凍いんげん豆を

調理して味見した主婦が口のしびれと胸の不快感を

訴え病院に運ばれた。

この主婦はいんげん豆を食べたとき

石油のようなにおいと異様な味がしたから吐き出したという。

この中国製冷凍いんげん豆から農薬のジクロルボスが

検出されたという。

また、この冷凍いんげん豆を製造した工場の食品のうち、

80パーセントが日本向けであったようだ。

意図的に混入された疑いも残っているという。

中国製冷凍ギョーザによる中毒事件が解決しないうちに、

今度は冷凍いんげん豆への農薬混入問題が起きてしまった。

それも大手スーパーが売っていたとなれば、

買う人は信用するだろう。

今回は口にした人が吐き出したから

命に別状はないようだが、

食べていたら大変なことになっていた。

こういうことが続いた以上は中国での検査を期待するよりも、

日本での検査を強化したほうがいいのではないか。

少なくとも毎日食べるものだけは安全であってほしい。




posted by うえぴー at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。