2008年10月24日

カップめん

今度はカップめんに防虫剤の成分が検出されたという。

カップめんを食べた藤沢市の女性が嘔吐し、

舌がしびれるような症状になったため

保健所に届けた。

保健所で調べたところ防虫剤の成分である

パラジクロロベンゼンを検出したという。

女性はカップめんを市内のスーパーで買ったようだ。

女性のほかには届出はないという。

製造した大手食品会社はカップめんを

自主回収しているようだ。

カップめんには外部から混入された形跡はないという。

現時点では防虫剤が混入した原因はわかっていないようだ。

毎月のように食の安全を脅かす事件が起きている。

何故こんなに続くのだろう。

なかには人為的なものもあるようだが、

もしそうであれば、

どのような目的でそういうことをするのかが

わからない。

解決していない事件が多くなるばかりだ。

こんなことが繰り返されると、

そのうちに食べるものがなくなるのではないか。










ラベル:カップめん
posted by うえぴー at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。