2008年11月11日

株価下げるため放火

大手量販店への放火未遂容疑で逮捕された男が

株価を下げるため放火していたことがわかった。

大手量販店に火をつけて、

その会社の株価を下げ、

下がったときに株を買い、

しばらくして株価が上がったとき売って

利ざやをかせぐ。

または、信用取引で空売りをしていて、

値が下がったときに買い戻して

利益を得ようとしていたのかもしれない。

株価を下げてもうけるために放火すると

いう発想はあまりにも身勝手である。

まったく何を考えているのか。

今回は放火未遂だったが、

もし量販店内で火が燃え上がって、

大火事になったら相当の被害者が

出たに違いない。

目先の自分の利益のために、

他人はどうなってもいいという

考えが世の中に蔓延してきたのだろうか。


ラベル:株価
posted by うえぴー at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。