2009年01月12日

ろうそくで民家全焼

最近、空気が乾いているためか

火事のニュースが多い。

日本経済新聞の記事によれば、

昨日午後9時ごろに

埼玉県熊谷市で民家が全焼したという。

1人暮らしの71歳の女性は逃げて

無事だったようだ。

ただ、火事の原因を聞いて意外であった。

電気のかわりに使っていた

ろうそくの火が燃え移ったことに

よるものらしいというのである。

この女性は年金を受給できず、

離婚した夫から月5万円から8万円の

仕送りを受けていたという。

生活に困り電気代も払えなくなり

電気を止められ、

ろうそくを使っていたようだ。

国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を

有しているというのに、少しひどすぎる。

ガスや電気のない生活なんてありえない。

生活保護の制度も適用されてはいなかったようだ。

年をとって働けなくなっても

せめて人並みの生活ができるような

社会であってほしい。


posted by うえぴー at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。