2008年02月09日

漢字

本日、書店での出来事である。

専門書を2冊買って、支払を済ませた後

いつものように領収書を頼んだ。

領収月日と金額を書いた後、

事務所名と書いてくれるように言ったが、

手が止まっていてなかなか進まない。

どうしたのかと思ったら、

事務所の「務」という漢字が思い出せないという。

しかたがないのでメモに書いて渡した。

コンビ二で領収書をもらうときも同じである。

漢字を書けない人が増えている。

普段、パソコンの変換キーで難しい漢字も出るため

覚える必要もない。

私自身もパソコンを使って仕事をしているため

漢字を書くことが少なくなっているのは確かである。

漢字を忘れないようにするためには、

漢字検定にでも挑戦するしかないだろうか。


posted by うえぴー at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。