2008年03月29日

携帯電話

日本経済新聞に

au携帯電話のあるメーカー製の電池パックが、

発熱破裂する事故が起きていると

という記事が載っていた。

なかにはやけどした人もいるらしい。

21万台売れているというので影響は大きい。

携帯電話を落としたりして、

電池パックに衝撃が加わったりすると

充電をしているときにショートを

起こし、発熱・破裂するようだ。

auとメーカーは無償交換して対応している。

携帯電話は普段auを使っているので

このような事故が起きると他人事ではない。

ただ、発表されたメーカーとは

違っていたので一安心である。

いまや携帯電話がないと仕事にならないので、

いつも持ち歩いている。

使用頻度が高いので、夜間は必ず充電する。

電車が遅れたりしたときは

約束時間に間に合わせようと走ったりして

携帯電話を落とすこともよくある。

ちょうと傷がついたかなと思うくらいで、

普通は気にもとめない。

落としたことが原因で、

充電中に電池パックが発熱・破裂したら

夜もゆっくり寝られない。

携帯電話は生活にかかせないものと

なっている。

普及率が高ければ

ほんの少しの事故が大問題になる

可能性はある。

何かあった場合、

メーカーの対応の迅速性が重要である。

今回ははやく発表してくれたから、

被害も少ないだろう。









ラベル:携帯電話
posted by うえぴー at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。