2008年04月07日

不正アクセスによる個人情報流出

テレビのニュースを見ていたら

不正アクセスでサウンドハウスの

インターネットショッピングサイトから

10万人分の個人情報が流出したという報道

がながれた。

流出したのは2007年1月から2008年3月までに

会員登録をした利用者のデータである。

氏名、生年月日、メールアドレス、パスワード、

クレジットカード情報などのデータが流出しているという。

ほとんどが中国からの不正アクセスによるものである。

ただ、住所、電話番号などは流出していないようだ。

サウンドハウスでは24時間体制の不正アクセス監視、

侵入経路を遮断する不正侵入監視などのセキュリテイ対策

をとったという。

それにしても10万件の個人情報が流出したとなっては

会社の信用もがた落ちだろう。

最近はネットで商品を買う人が多くなっている。

継続的にネットで購入する場合は、クレジットカード

の情報をいれないと不便である。

会社のセキュリティ対策は万全だと思うからこそ

安心して登録している。

ところが、このような報道がされると心配になってくる。

せめて流出した個人情報が悪用されないことを

願うだけである。




posted by うえぴー at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。