2008年04月21日

医療ミス

テレビのニュースで

神奈川県立がんセンターで手術中の人から

麻酔器の人工呼吸用の管がはずれ、

女性が意識不明になっているという

報道がされた。

管がはずれるとアラームがなる仕組みに

なっていたが誰も気がつかなかったという。

また起きてしまった。

最近麻酔による医療ミスが多いようだ。

麻酔医は少なくなっていて

いくつもの手術を担当すると聞くが、

それが医療ミスにつながっているわけ

ではない。

手術中の確認がされていないだけである。

何度も確認をすればこのようなミスは

起きないはずである。

その病院や医師を信頼して

手術を受けるのだから

もう少し、命を預ける患者側に

たって考えて欲しい。




ラベル:医療ミス
posted by うえぴー at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。