2008年04月24日

BSE危険部位

輸入された米国牛肉にBSE危険部位が

みつかったというニュースが報道されていた。

牛丼チェーン吉野家の工場で見つかったそうである。

農水相が記者会見でチェックシステムの働きにより

見つかったのであり、消費者にまでいくことはない

と安全性を強調したが、大手スーパーは店頭から

撤去している。

また、厚生労働者は輸入検査を強化することを

決めたようだ。

米国業者は日本向けでないものが混入したと

言っているが、今回の危険部位問題の影響は大きい。

幸いにも消費者にいきわたるまでの間に

見つかったからよかったようなものの

流通していたらもっと大騒ぎになっていたに

ちがいない。

中国産のギョーザ問題も解決していないのに

早くも牛肉の危険部位問題が発生した。

ギョーザとか牛肉とか普段食べるものが

安全でなかったら、そのうちに食べるもの

がなくなる。

日本でも食の安全を守ることが難しい時代に

入ったのだろうか。



posted by うえぴー at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。