2008年05月18日

携帯電話の水濡れ

日経生活モニターで「なくて困るのはパソコンか、携帯電話か」

調査をしたところ59対41でパソコンがないほうが困るという回答

だったらしいが、これだけ生活や仕事に使われている以上、

どちらもなくては困る。

その携帯電話に関しての苦情相談が国民生活センターに

きているようだ。

少しの水濡れで使えなくなるという相談である。

国民生活センターのホームページには

「携帯電話の水濡れによる不具合」ということで最近5年間で

苦情相談が1013件寄せられていることとその内容も一部載っている。

そのなかには水濡れによる錆であるため有償修理になるといわれた

が納得がいかないとか、水濡れ判定シールが水濡れ状態を示して

いないのに水濡れによる腐食といわれ補償されないなどの相談が

きているという。

また、雨のなかで繰り返し使用したり、濡れた手で操作したり、

周囲が高温多湿であったりすると、ディスプレイが消え

使用不能となるらしい。

時々、雨の日の歩いているときに電話がかかってくることがある。

かかってくれば傘をさしていようが電話に出る。

電話が終わったあと携帯電話がぬれていることがあった。

いまのところ問題がないようだが、突然使用不能となっても

困るので、今後取扱いに気をつけようと思っている。

それとも防水の携帯電話もでているようだから、今の携帯電話が

使用不能になる前に新機種にかえたほうがいいのかもしれない。
















ラベル:携帯電話
posted by うえぴー at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。