2008年10月19日

ひき逃げ

昨日、大阪市淀川区の路上において軽乗用車の下で

血を流して倒れていた男性が淀川署員により発見された。

この男性はひき逃げされていたという。

夜になってこの車を無免許で運転していた中学3年の

女子生徒が自動車運転過失傷害とひき逃げ、無免許運転の

道路交通法違反で逮捕された。

女子生徒は午前3時ごろ、大阪市淀川区の国道を運転中に

自転車で横断した男性をはね、車の底の部分に巻き込んだまま

180メートル走行したという。

この軽乗用車は女子生徒の父親の所有物であったようだ。

女子生徒は無免許で人をはねたため怖くなって逃げた

と言っているようだ。

それにしても車で人をはね180メートルも引きずるとは

尋常な行動ではない。

父親の車を借りて人身事故を起こしたのだから

気が動転するのはよくわかる。

ただ、事故を起こした時点で何故車を止めなかったのだろう。

交通事故を起こして服役している人を

取材したテレビ番組があったが、

酒を飲んでいたとか、怖くなったとか、自分のことしか

考えていない。

どんなに注意をしていても

交通事故を起こすことはあるかもしれない。

ただ、起こした場合の対応である。

すぐに救急車を呼ぶか、

軽傷ならば車で病院まで連れて行くか

のどちらかだろう。

そのまま逃げたのでは、助かる人も助からなくなる。

事故を起こした女子生徒も中学3年にもなれば、

人としてしなければいけないことはわかっているはずだ。

ひき逃げという行為をしてしまった以上、

非難されるのはしかたのないことである。

取り返しがつかないことをしたと後で気がついても

遅すぎる。





ラベル:ひき逃げ
posted by うえぴー at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

国際的詐欺

毎日新聞の記事によれば、

ある日突然、外国から電子メールで架空の商談を持ちかけ

前渡し金をだまし取る国際的詐欺が増えているという。

振込請求額は200万円から300万円で、

被害にあっているのは中小企業が多いようだ。

2007年の世界の被害額は4300億円にもなるという。

日本の被害額はアメリカ、イギリスに続いて第3位になった

そうである。

毎日のように景気対策という言葉がきかれ、

株価も下がり景気は悪い。

中小企業にとっては大変な時代である。

そんなとき外国から会社の評判を聞いたから取引したいと

日本人を介して持ちかけられ、

前渡し金が必要と要求されたら200万円くらいは疑いもなく

送金するだろう。

大きな取引を逃がしたくないという気持ちが働くからだ。

ただ、それが詐欺であれば会社にとって大きな痛手になる。

巧妙な手口の詐欺を見抜くことはなかなか難しいが、

こんなときは石橋をたたいて渡るくらいの慎重さが

必要なのかもしれない。




ラベル:国際的詐欺
posted by うえぴー at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

看護師の過労死

東京港区の病院で働いていて

2007年5月に亡くなった看護師について

労働基準監督署が過労死として労災認定したという。

この看護師は、昨年4月から5月にかけて、

25時間拘束される宿直勤務を8回おこない、

土日に勤務することもあり、

残業は月約100時間にも及んだそうである。

手術室のなかで倒れていて致死性不整脈で亡くなったという。

2006年に3ヵ月病気で入院したことがあった。

入院している間はずいぶん看護師さんにはお世話になった。

入院していると面会のために来てくれた人と話すことと

本を読むこと以外は特別やることもないので

看護師さんの仕事ぶりを見ていた。

昼間も忙しいのだが、大勢いるからなんとかこなせる。

問題は夜である。

昼から引き続いて宿直勤務に入る。

夜は入院患者からの呼び出しのコールが

ひっきりなしに鳴る。

緊急の患者が運び込まれてくる。

夜は2人体制だったがとても忙しそうだった。

とにかく看護師の仕事は大変であるということが

よくわかった。

ただその仕事が好きであるというだけではできない。

亡くなった看護師さんも責任感の強い人だったのだろう。

これだけ働けば体調の悪い日もあったのではないか。

看護師の仕事だといってしまえばそれまでだが、

自分の体はあとまわしにして人のために尽くす。

少なくとも何らかの兆候はあったはずだ。

自分の思いもかなわず

24歳という若さで亡くなってしまった看護師さんが

可愛そうでならない。

家族の悲しみもひとしおだが、

労災認定されたことが

せめてもの救いであるのかもしれない。





ラベル:過労死
posted by うえぴー at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

ふぐ調理師がふぐ中毒

毎日新聞の記事によれば、

渋谷区の日本料理店に勤めるふぐ調理師が

自分で調理したふぐの肝臓を食べ

中毒になったという。

この調理師は無毒のふぐと勘違いして、

肝臓に猛毒を持つひがんふぐを調理し食べたようだ。

食べた30分後に手足のしびれを感じ病院にいったが

一時呼吸困難と意識不明になったという。

調理の練習中ということではあるが、

間違ってお客に出していたら大変なことに

なっていた。

お店としてはこの調理師の命が助かったことと、

お客さんに出されていなかったことに

胸を撫で下ろしたに違いない。

ふぐ調理師の経験は4〜5年程度あったようだが、

プロでも無毒のふぐと猛毒のふぐの見分けがつかない

ものだろうか。

それとも、ふぐ調理師の免許自体が信用できないものなのか。

そう考えると不安になる。

もう少しすると、ふぐのおいしい季節となるが、

しばらく食べる気にはならないだろう。







ラベル:ふぐ調理師
posted by うえぴー at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

冷凍いんげん豆

大手スーパーで売っていた中国製冷凍いんげん豆を

調理して味見した主婦が口のしびれと胸の不快感を

訴え病院に運ばれた。

この主婦はいんげん豆を食べたとき

石油のようなにおいと異様な味がしたから吐き出したという。

この中国製冷凍いんげん豆から農薬のジクロルボスが

検出されたという。

また、この冷凍いんげん豆を製造した工場の食品のうち、

80パーセントが日本向けであったようだ。

意図的に混入された疑いも残っているという。

中国製冷凍ギョーザによる中毒事件が解決しないうちに、

今度は冷凍いんげん豆への農薬混入問題が起きてしまった。

それも大手スーパーが売っていたとなれば、

買う人は信用するだろう。

今回は口にした人が吐き出したから

命に別状はないようだが、

食べていたら大変なことになっていた。

こういうことが続いた以上は中国での検査を期待するよりも、

日本での検査を強化したほうがいいのではないか。

少なくとも毎日食べるものだけは安全であってほしい。


posted by うえぴー at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

アルコールで脳が縮小

アルコールを飲み続けると脳の縮小を起こすという

研究結果が発表されたという。

米マサチューセッツ州のウェルズリー大学の

キャロル・アン・ポール氏が率いる研究チームが

発表したようだ。

それによると、生涯にわたってお酒を飲まなかった人が

最も脳容積の減少が少なかったという。

続いては、過去に飲酒していたが今は飲まない人、

現在適度の量を飲酒する人、現在大量に飲酒する人の

の順になるという。

2年6ヵ月前までは、毎日大量のお酒を飲んでいた。

そんなこともあり、病気で入院した。

退院してからは全然飲んでいない。

今はジュースで付き合うだけだ。

最近では、お酒を飲みたいとも思わなくなった。

大量に飲んでいたときは、ストレスもかなりあったが

今はほとんどない。

一生分飲んだからもういい。

お酒を飲まなくなってわかったことは、

飲んで寝るよりも飲まないほうが

ぐっすり眠ることができるということだ。

飲まないでも何も不便を感じないし、

飲まないことでストレスがたまるわけでもない。

お酒は適度に飲むなら体にいいと聞いていたが、

今度の研究結果では、そうでもなさそうだ。

お酒を飲めば飲むほど脳が縮小することがわかった以上、

これからも飲まないつもりだ。






ラベル:アルコール
posted by うえぴー at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

2年で5000万円使う

産経新聞の記事によれば、

大阪の個室ビデオ店の放火殺人容疑で逮捕された容疑者が、

2年で5000万円を使い切っていたという。

この容疑者は平成16年に親の死亡により

5000万円の遺産を相続していたが、

キャバクラとギャンブルなどにより2年で使い果たしたという。

遺産を使い果たしたあとは借金を重ね、

今年4月からは生活保護を受けていたようだ。

5000万円ものお金を手に入れると、

衝動的に何か買いたくなることは

わからないわけでもない。

ただ、全部使う人はいないだろう。

この不景気のなかでは何が起きるかわからないから

少なくても今後の生活のことを考え、

一部は貯蓄しておくのではないか。

昔から酒とギャンブルはのめりこむと身を滅ぼすと言われているが、

本当にそのとおりになってしまった典型的な例である。

マンションや高級車でも買えば別だが、

普通に仕事をして生活していれば

5000万円なんてなかなか使えるものではない。

先のことを考えないで、

ギャンブルで一発当てれば賭けたお金が何倍にもなって

戻ってくるという妄想にとりつかれ、結局一文無しになる。

大きなお金が一度に入るということは、

その人の人生を狂わせてしまうものだろうか。
ラベル:ギャンブル
posted by うえぴー at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

ブログ書くロボット

ロボット博覧会が11日から13日まで横浜で開かれている。

100体以上の最先端ロボットが披露されているようだ。

ロボットというとホンダのASIMOと村田製作所のムラタセイサク君を

テレビで見たことがある。

展覧会にはブログを書くロボットも出ているという。

バンダイのロボット「ネットタンサーウェブ」は

写真撮影やメール転送、ニュース配信、無線操作機能を備えていて、

写真を撮影して自動的にブログにアップすることができるようだ。

4月に行われた調査ではブログ更新を負担に感じたことがある人が

46パーセントいたそうであるが、

ブログを書くことが負担になっている人には、

このロボットを買うひとがいるのかもしれない。

いくつものブログをもっていると確かに更新は大変である。

ただ、ブログを更新するかしないかは本人が決めることであって

更新する義務はない。

ブログ運営が大変で健康を損ねるひともいるようだが、

そこまでする必要はない。

書きたくなかったら無理して書かなくてもいいのではないか。

また書きたくなれば書けばいい。

自分が楽しんで書くことができればいいのではないか。





ラベル:ロボット
posted by うえぴー at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

ウイルス感染パソコン

台湾のパソコンメーカーの新品パソコンにウイルスが

混入していたことがわかったという。

このメーカーは小型の格安パソコンで人気を集めている。

日本では300台売れたそうである。

本体だけで44,800円、

液晶モニターつきで64,800円と安い。

買ったひとから文字化けが起きるという問い合わせがあり

調査したところハードディスクに

ワーム型ウイルスが見つかったようだ。

これに感染するとパソコンの動作が遅くなったり、

有害なプログラムをネットからダウンロードする

可能性があるという。

それにしても買ったときからウイルスが入っているパソコン

なんて聞いたことがない。

あまりにも検査が杜撰である。

他のパソコンにも感染するようだから、

このパソコン1台の損害だけではすまない。

もし仕事に使っていたら大変なことになっていた。

予備に安価なパソコンを買おうと検討していたが、

しばらく控えるほうがよさそうである。

結果的には買わないでよかったのかもしれない。

ラベル:ウイルス
posted by うえぴー at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

鳴らない防犯ブザー

国民生活センターのホームページに

防犯ブザーについての調査結果が発表されていた。

それによれば、通学途中の子供に配布している

防犯ブザー5000個のうち1000個が故障したので

原因を調べてほしいとの教育委員会からの依頼をうけ

調査したところ、優良防犯ブザーにもかかわらず、

ハンダ付け不良などの原因でブザーが作動しなく

なっていたという。

国民生活センターでは子どもが携帯している衝撃等で

簡単に故障しないように改善を要望している。

いざというときのために子どもや女性は防犯ブザーを持っている。

その防犯ブザーが作動しなくては持っている意味がない。

音が大きいので正常に鳴るかどうか調べることは

少ないだろう。

2割も故障しているとは異常である。

簡単なつくりだからハンダ付けなどがとれることはわかるが、

それにしても多すぎる。

防犯ブザーをもっているからと安心していたら、

いざというときに鳴らない。

一瞬パニックになってしまうだろう。

なかには人命にかかわることもあるかもしれない。

早急な改善が必要である。








ラベル:防犯ブザー
posted by うえぴー at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。